会社沿革

1967年(昭和42年)東京都千代田区麹町に資本金150万円で株式会社日新計算センターとして発足
1969年(昭和44年)資本金300万円に増資
1970年(昭和45年)資本金450万円に増資
1971年(昭和46年)資本金750万円に増資
1975年(昭和50年)社名を株式会社日新コンピュータシステムに変更
1977年(昭和52年)資本金1000万円に増資
1985年(昭和60年)広島での採用開始
1988年(昭和63年)川崎システムセンターを神奈川県川崎市中原区に開設
1989年(平成元年)資本金1500万円に増資
1992年(平成 4年)資本金2000万円に増資
広島システムセンターを広島県広島市に開設
1994年(平成 6年)本社を文京区湯島に移転、川崎システムセンターと統合
広島システムセンターを閉鎖
1995年(平成 7年)資本金4000万円に増資
1997年(平成 9年)WWWサーバーの運用開始
2000年(平成12年)大幅な組織改正
2004年(平成16年)ホームページ刷新
2006年(平成18年)プライバシーマーク認定事業者
2010年(平成22年)情報セキュリティマネジメントシステム認定事業者
2011年(平成23年)届出電気通信事業者
2012年(平成24年)品質マネジメントシステム認定事業者
2013年(平成25年)本社を後楽国際ビルディング(文京区後楽)に移転
2017年(平成29年)労働者派遣事業許可を取得
2018年(平成30年)広島営業所を広島県広島市に開設
2019年(平成31年)ホームページ刷新